良い看護師が持っている特徴

一昔前には、白衣の天使という言葉もありました。この言葉からも想像できるように看護師には優しさや思いやりといった人間性が要求されます。また、これと並行して専門的な技術も求められるので、精神的にもかなり大変な仕事です。優しい人というのは気遣いができる人です。わざとではなく自然に相手の求めていることが理解できる能力は看護師にも必要なことです。相手の立場にたって話ができるのも優しい人の特徴です。また、素直で周りから好かれることも看護師には必要でしょう。ここでは、良い看護師の特徴についてご説明しています。

良い看護師が持っている特徴

必要な基本要素を身に付けている

看護の現場というのは多忙で過酷です。思い描く理想の看護師像と現実とのギャップに悩み、自分は看護師に向いていないのではと思い悩んでいる新人看護師も数多くいると思います。良い看護師の特徴によくあげられるのが、優しさや思いやりのある豊かな人間性と幅広い専門知識と技術を持ち合わせているというものです。そんな看護師には、精神的にも肉体的にも高いものが要求されています。ここでは、看護師に必要な基本的な4つの要素について詳しく説明しています。

相手の目線に立てる

良い看護師の特徴は、相手の目線に立って話が出来ることです。豊かな人間性が求められる看護師にとって優しさはとても重要なことです。優しい人の特徴としては気遣いが出来ることです。相手の雰囲気や様子を読み取って相手が求めていることを理解することが出来ます。相手にとってのかゆい所に手が届くのは優しい人と言えるでしょう。また、相手の立場にたって話ができるのも優しい人の特徴です。これも気遣いと同様に相手の雰囲気などを理解しているからこそ出来ることです。ここでは、優しい看護師が持つ3つの特徴について詳しく説明しています。

誰からも好かれている

看護師の離職率は、他の職種に比べて高くなっています。看護師全体の9割が女性ですので、結婚や出産などで離職する人も多いです。しかしながら、人間関係や患者との関係がうまくいかずに離職する人も少なくありません。その反面、周りのみんなから好かれている看護師もいます。看護師は先輩から学ぶことも多く、時には叱られることもあります。そんな時に、反論してしまう看護師は嫌われてしまいます。ですが、素直に先輩の言うことを聞ける看護師には周りから好かれる人が多いです。ここでは、誰からも好かれる良い看護師の特徴について詳しく説明しています。

このページの上に戻る