相手の目線に立てる

周囲から見て厳しい人よりも優しい人の方が人間関係も円滑に進みます。人も集まって来やすくなるので優しい人になりたいと考える人は少なくありません。実際に優しい人になりたいと考えていてもどうやって優しい人と思われる様になればいいのか。ここでは、優しい人にはどんな特徴があるのか見てみましょう。

相手の目線に立てる

気遣いができる

優しい人の特徴は気遣いが出来ることです。相手の様子を見て「こうして欲しいんだろうな」と言うのを読み取り自分から声を掛けて行きます。このように、相手にとってかゆい所に手が届く存在になると、この人は優しい人だと思われます。例えば、友人の表情が暗い時に「どうしたの?何かあった?」と一言かけるだけでも十分効果はあります。もしかするとそこで、「実は・・・」と理由を話してくれるかもしれません。もしくは「何でもないよ」と言われるかもしれませんが、それでもいいのです。理由を話し始めたときに親身になって聞いてあげればいいだけのことです。何でもないと言われたら素直に触れないであげましょう。
ここでしつこく聞き出そうとするのは、ただのお節介です。優しさのあまり、お節介をしてしまうと逆に相手からの印象は悪くなってしまいます。誰しも触れられたくない事はあります。「何かあったらいつでも話して」くらいで打ち切って触れない事もまた優しさのひとつです。

相手の立場になって話ができる

優しい人の特徴は相手の立場になって話をすることができます。相談を持ちかけられた時に、「あなたの考えは間違っている」や「こうしないとダメだよ」など、自分の意見を前面に押し出すのは優しさとは言えません。相談をしてくる人への対応はまず、相手へ同意を示す事が大切です。それと同時に相手の言い分を最後まで聞く事も大切です。相手の意見も聞かずに話を遮ってしまえば、相談している人は「話を聞いてくれないなら相談するのは止めよう」と考えます。
相談事の主役は自分では無く相手であり、相手の意見を尊重する事から始めましょう。どんなに自分の意見を言いたいと思っても、初めは黙って聞くことが重要です。そして、相手の意見に同意する事です。話を聞き終わった時に相手に同意をして、相手に「こうしなさい」ではなくこんな方法もあるよ程度のアドバイスをするのがいいでしょう。こうすると相談した側は話も聞いてもらえたし、アドバイスもして貰えたと満足してくれるでしょう。最終決定は相談者がすることですので、その場で結論を出す必要はありません。これらを繰り返すことで、話を聞いてくれる優しい人になることができます。

叱るタイミング

優しい人の特徴は、叱るタイミングを間違えないことです。優しい人は怒らないと思っている人もいますが、怒らない人はただの良い人です。普段優しい人が叱る時ほど、その効果は大きくなります。ですが、叱るタイミングを間違えては全く意味がありません。優しい人が叱るタイミングとして、一般的なのが人様に迷惑をかけた時、命の危険を感じた時が挙げられます。
例えば、接客業であれば会社の売り上げが上がらず叱る上司よりも、お客様に対して迷惑を掛けてしまった時に叱る様な上司の方が部下からの信頼も厚くなります。子育てであれば、子供がどんな事をしても普段は怒らないけれど、子供が命に関わる様な行為をした時に怒る親の方が子供もこれは絶対にやってはいけないと身に染みて理解するものです。この様に優しい人でも全く怒らない訳ではありません。怒るタイミングを間違えない事が大切です。

このページの上に戻る